制作を行うメリット

ソファにもたれる

WEBが流行するまでの経緯

初めて開発されたWEBページは、スイスの研究機関であるセルンです。
セルンでは膨大な資料を整理したいという要望がありました。
出入りが激しい場所で、研究成果が凄い勢いで積み重ねられていったからです。
資料が管理されていれば、研究の効率性が上昇します。
そしてある博士によってWEBサイトが開発されました。
その時は関連性のある研究をリンクさせるだけの仕組みです。
そしてそれを真似する形で、様々な技術機関が採用し始めました。
そして技術機関の枠を越えて企業で採用され、一般家庭でも普及するようになります。
最初は限られた家庭でしたが、庶民の家でパソコンが買われるようになると、インターネット回線の契約が進み現在に至ります。

サイトの数は増え続ける

インターネット回線の敷設が進んだ事で、閲覧には困らなくなりました。
しかしそれはWEBサイトが存在するから意味があるのです。
現在のWEBサイトは数が多い事は間違いありませんが、全ての情報をフォローできていません。
だからWEBサイトの制作が途絶える事はありえないのです。
情報というものは年月の経過とともに蓄積されていきます。
それはWEBサイトに反映するため、技術者が制作に用いるのです。
そうしなければインターネットでは、昔の情報しか載っていない状況になります。
利用者が減る事に繋がるため、サイトの運営者は制作の手を抜く事はありえません。
そして技術者は人間であるため寿命がありますが、制作されたWEBが消失する事は無いのです。
それはWEBサイトが増え続ける事を意味しています。